[芸能] [放送] ソ・ジソプ ベールを脱いだドラマ『幽霊』

 SBS新水木ドラマ『幽霊』がショッキングなテーマを扱い、強烈な印象を残した。
 30日午後9時55分、初回放送の『幽霊(演出キム・ヒョンシク、パク・シヌ、脚本キム・ウニ)』は初回から性的接待の噂に悩まされる人気女優の自殺事件とサイバー捜査チームがハッカーを追う過程をスピード感たっぷりに展開した。性接待リスト、噂、芸能人の自殺、アンチファンの集まりなど実際に起こっている刺激的な事実をテーマに据え、興味を引き付けることに成功した。
 この日はハッカーのIPを追跡していたサイバー捜査チームのキム・ウヒョン(ソ・ジソプ)とユ・ガンミ(イ・ヨニ)が女優の飛び降り事故を目撃するところから始まる。事件を自殺として処理しようとする警察と真実を暴こうとするサイバー捜査隊の活躍を描いた。事件解決のカギとなる証拠があちこちにちりばめられ、視聴者たちをドラマにくぎ付けにした。
 女優殺人の容疑者として浮かび上がったパク・ギヨン(チェ・ダニエル)が無罪を主張し、ドラマの登場人物や視聴者との頭脳ゲームが始まる。キム・ウヒョンの独白という形で展開する話で緊張感を持たせる。また洗練された映像美と新鮮なカメラワークでドラマ全体を盛り上げている。
 初回はソ・ジソプ、イ・ヨニをはじめとする登場人物の人物像を説明し、これからの展開に期待をさせた。
 一方この日、『幽霊』をはじめとしてKBS2『カクシタル』MBC『I do I do』地上波3社の水木ドラマが同時に再出発し、熱いバトルを繰り広げる。

©enews24 2012年 05月 31日 19:38