[芸能] [放送] チャン・グンソクとユナ 「ラブレイン」屈辱的な視聴率で寂しく退場

  ユン・ソクホ監督の時代が「ラブレイン」放映終了とともに暮れた。
  29日に放映された「ラブレイン」最終回は視聴率5.9%(AGBニールセンメディアリサーチ調べ)を記録し、わびしく退場した。初回視聴率は5.8%。20話にわたる放送で視聴率はわずか0.1%の上昇にとどまった。最低視聴率は4.4%まで落ち込み、20回平均視聴率は5.3%にとどまった。開始から終了まで視聴者を引き込むのに失敗したわけだ。
  「ラブレイン」は"韓流マエストロ"のユン・ソクホ監督の6年ぶりの復帰作として期待を集めた。シンドローム的人気を呼んだ「秋の童話」(2000年)と「冬のソナタ」(2002年)を思い出させ、もうひとつの「韓流ドラマ」の成功を確信した。だがふたを開けてみると失望感が大きかった。
  「冬のソナタ」から10年という歳月が流れたが、ユン・ソクホの愛の方程式は少しも変わらなかった。「代を継いだ運命的な愛、交錯した愛と別れ」という話の軸は陳腐だった。「アナログの愛の方法」と包装したが、感性が合わない旧式にすぎなかった。背景が過去から現代に変わっても「鳥肌が立つ」という指摘を受けたセリフは相変わらずだった。韓流スターのチャン・グンソクとユナの出演が面目を失うほど、平面的キャラクターは魅力が落ちた。ドラマの不振の中でチャン・グンソクもペ・ヨンジュンになるのに失敗した。過去最高輸出価格の90億ウォンで日本に販売されたのが慰めだ。監督と俳優の名前に頼ったものにすぎず、ドラマ公開後には夢も見られない価格という指摘だ。 
  ドラマ制作会社関係者は、「ユン・ソクホ監督の6年ぶりのカムバックだけに、『冬のソナタ』を超える作品を作らなければならないという負担があったようだ。撮影現場での雰囲気は悪くなかった。先販売成績が良く、損はしなかったという安堵感があった。監督も視聴率よりは流行に乗らない作品を作ったということに意味を置いているようだ」と明らかにした。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2012年 05月 30日 15:47