[K-POP] キム・ジュンス、待ってろよ、ビルボード!「ワールドアルバムチャート10位」

ソロに変身したJYJのキム・ジュンスが初のソロアルバムタイトル曲『TARANTALLEGRA』でビルボードチャートに進出した。   米国ビルボードが25日発表した『ワールドアルバムチャート』10位になった。これはアメリカ・カナダ地域で1週間のアルバム販売量を基準に順位を決定するもので、キム・ジュンスが米国・カナダ地域でも通用することを立証した。   所属事務所C-JeSエンタテイメントは29日、enewsに「放送活動が皆無の状態で起きた結果だ。彼の音楽に世界の反応は熱い。世界のあちこちに沢山のファンを持つJYJとキム・ジュンスは真の世界的K-POPスターだ。これからを見守ってください」とコメントした。   この他にも日本のオリコンチャート(5月最終週)9位、アイキューズ1位を達成した。現在、タイを皮切りに、ジャカルタ、台湾などアジアツアーを行っている最中だ。   ©enews24

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2012年 05月 29日 17:12