[K-POP] 上昇気流のFTISLAND、2ndアルバムがオリコンデイリーチャート3位に

男性グループFTISLANDの2ndアルバム『20(twenty)』が発売週売り上げで過去最高を記録し、上昇気流に乗っている。 16日、FTISLANDの『20(twenty)』の発売当日、Mr.Childrenのアルバムが1,2位を占める中、オリコンデイリーチャート3位に入り、底力を見せつけた。 Mr.Childrenが1992年にデビューし、現在までトップの人気を誇っていることを考慮すれば、十分な成績である。同日発売のアルバムの中では販売数1位だったことも評価できる。 またアルバム発売1週間を待たずに4万1726枚を販売し、1stアルバム『FIVE TREASURE ISLAND』3万6980枚の記録を更新した。 アルバムタイトル曲『STAY』はメンバーのチェ・ジョンフンが作詞、作曲にも携わった曲で、発売前から大きな話題になった。 メンバーのイ・ジェジンはアルバムタイトルを『20(twenty)』にした理由を「メンバーの平均年齢が20歳で、今自分たちがやっている音楽をそのまま見せられるアルバムだと思い、このタイトルにしました」と明らかにした。 またイ・ホンギは「韓国での活動と重なりレコーディング時間がタイトだったが歌詞の意味を伝えることがとても重要なので、通訳を細かく受け、歌詞を理解して歌うように努力した。応援宜しくお願いします」と話した。

©enews24 2012年 05月 23日 18:53