[映画] 『後宮:帝王の妾』チョ・ヨジンに共演者から賞賛の声

「チョ・ヨジョンが気楽にリードしてくれてありがたかった」(キム・ドンウグ)「上手く自分をコントロールしていた」(キム・ミンジュン) 『後宮:帝王の妾』の主演男優のキム・ミンジュンとキム・ドンウグが揃ってチョ・ヨジンのベッドシーン撮影を賞賛した。 主演俳優3名とキム・デスン監督は21日午後ソウル市紫陽洞ロッテシネマ建大入口で行われた『後宮:帝王の妾』の試写会と記者会見に参席し、映画の絡み合うストーリーを公開した。 この席でチョ・ヨジョンとのベッドシーンの感想を問われた二人は声を揃えて、チョ・ヨジョンのおかげで上手く撮影が出来たと話した。 劇中チョ・ヨジョンは上半身と後ろ姿は全裸という露出度で濃密なベッドシーンを撮影した。キム・ドンウグとキム・ミンジュンの露出も半端ではない。 「チョ・ヨジョンのスタイルがいい」との取材陣の話にキム・ドンウグは「僕のスタイルはどうでしたか」「心血を注いで準備しました。シックスパックだった腹筋もなくしました」と話した。さらに「チョ・ヨジョンに感謝している。肉体的にも精神的にも敏感で大変な撮影だったのに先に彼女がリラックスできるようにリードしてくれた」「彼女が演技だけに悩み、没頭できるように助けてくれた」と明かした。 加えて「僕にとっても初の露出シーンで大変な撮影だったが、キム・デスン監督とチョ・ヨジョンのおかげで気楽に撮影に臨めた」と話した。 キム・ミンジュンも彼女に惜しみない賞賛をした。「監督が女優をとても大切にしているから男優は現場でとても大変だった」と不満を漏らしながら、「チョ・ヨジョンが神経質になるかと心配したが、本当に自分をよくコントロールして集中していた。彼女に助けてもらった」と話した。 映画は死ぬまで出られない宮廷で繰り広げられる愛欲の情事と狂気の政事を描いたエロティック宮中サスペンス時代劇。6月6日公開予定。   ©enews24

©enews24 2012年 05月 22日 20:35