[芸能] 女優キム・テヒ「これまでとても利己的で罪責感にかられる」

女優キム・テヒの信仰告白が話題になっている。   キム・テヒは27日に発行される天主教ソウル大教区の機関紙「ソウル週報」で率直な信仰告白をした。   これまで放送で自身のクリスチャンネームを「ベルダ」と話し、カトリック信者という事実を明らかにしてきた。今回「ソウル週報」に自身の信仰に対する文を書き心境を明らかにした。   キム・テヒは「最近思うのは福音を伝えなければならない当然の義務を忘れて生きてきたことと私がこれまでとても利己的であったという罪責感だ。フランソワ・バリヨン神父が書いた『揺れない信仰』を読みながら、布教活動に対し私が持っていた懐疑的態度が誤っていたことを悟った」とつづった。   続けて自身の人生目標に対し「私は本当に神様の光栄を表わすことに道具として使われ、私を通じさらに多くの人々が神様に会うことを願う」と説明した。  

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2012年 05月 22日 11:33