[K-POP] JYJのキム・ジュンス、ソウルで「韓流パーティ」

JYJのキム・ジュンスがソウルで「韓流パーティ」を行った。   キム・ジュンスは19~20日の2日間にわたり、ソウル・蚕室(チャムシル)室内体育館で初めてのソロアルバム発売を記念する「XIA 1st Asia tour in Seoul」コンサートを開いた。この席には韓国だけでなく、日本、中国、マレーシア、カナダ、チリ、フランスなど世界各地から訪れた1万6000人余りの観客が集まり、グローバルなキム・ジュンス人気を立証した。   キム・ジュンスは正規1集収録曲などで1時間30分余りにわたり蚕室を揺るがした。クリスティーナ・アギレラの振り付け師として有名なジェリー・スローターがパフォーマンス構成に参加し水準の高いステージを完成させた。彼はこの公演のため米国でオーディションを行い、最高のダンスチームを構成したという。タイトル曲「Tarantallegra」「No Gain」「Breath」の節度あるパフォーマンスに観客は悲鳴を上げた。キム・ジュンスもダンサーらと息を合わせた群舞を披露しファンからの熱狂的な歓呼にこたえた。   この日のハイライトはキム・ジュンス特有の切ないバラードだった。「知りながらも」「愛が嫌いだって」「You are so beautiful」などを爆発的な歌唱力でこなして観客の叫び声を引き出した。彼は「ファンと会って音楽を聴かせステージに立てるということだけであまりにも幸せで感激だ。ソロアルバムを発売は良かったようだ」と所感を伝えた。   所属事務所のシージェスエンターテインメントは「今回の公演はチケット発売開始と同時に全席が売り切れるなど世界のファンから関心が熱かった。公演中に失神したファンが多く2日目の公演では救急車を追加配置したほど熱気が爆発的だった」と明らかにした。  

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2012年 05月 21日 12:13