[芸能] 【酔中トーク】キム・スヒョン(2) 「ヨン様は料理もしてくれるかわいい兄さん」

◆キム・スヒョンにとってぺ・ヨンジュンとは?“かわいい兄さん”   --ぺ・ヨンジュンのキーイーストに入ってから、彼と非常に親しくなったようだ。   「今の事務所に入ってから2年が経ちました。これまで10回ほどお会いしたと思います。プライベートな集まりでは、事務所の古株マネージャーはヨンジュンさんのことを“兄さん”と呼んでいます。私も今ではそういう場所では”兄さん”と呼んでいます」   --ぺ・ヨンジュンさんはどんな“兄さん”か。   「ドラマ『ドリームハイ』の終了後、事務所のミーティングで初めて会いました。この時、“俳優とは何か”ということとともに責任感のようなものを感じました。そうして時間が経って親しくなり、家にも遊びに行くようになりましたが、ヨンジュンさん自身が料理をしてくださいました。ハンドドリップでコーヒーも入れてくれたり。ハンドドリップの方法を説明している姿が…すいませんが、本当にかわいかったです(笑)」   --歌も上手だ。歌手活動を並行する考えはないか。   「うーん、そんな自信はありません」   --軍隊も行かなければならないが。   「時期が来たら行きます。心の準備もすでに整っています」   ◆10年後、キム・スヒョンは“色が濃い”俳優   --次期作は『泥棒たち』そして『隠密に、偉大に』(原題)などがある。   「ドラマとは全く違ったキャラクターです。だから引かれたということもあって。多様性が気に入りました。『泥棒たち』はすでに撮り終えましたし、『隠密に、偉大に』はもうすぐクランクインです」   --俳優にならなかったら、今頃は何になっていただろうか。   「正直、俳優以外は特に考えたことはありません」   --今年の目標は。   「今年は前半に非常に楽しいスタートが切れました。幸せでした。そんなふうにあとの時間も無事に過ぎていってくれればうれしいですね(笑)」   --最後に、10年後のキム・スヒョンを想像するなら。   「色の濃い俳優になっているのではないかと思います。必ずそうなりたいです」   インタビュー後にキム・スヒョンと記念写真を撮った。肩組みをした。写真を見た周りの知人は「キム・スヒョンと肩組みをしたなんて」と、とても羨んだ。彼は最近、それほどの人気を集めている俳優だ。  

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2012年 05月 18日 19:30