[映画] 歌手ユ・スンジュン、クォン・サンウとカンヌ映画祭で認証ショット!

歌手のユ・スンジュンが俳優のクォン・サンウとの親交の深さをアピールした。   ユ・スンジュンは18日、 中国版ツイッター「微博(ウェイボ)」に「サンウと、友人らと一緒にカンヌへ!」というコメントとともに写真を掲載した。写真には肩を寄せ合い仲良く並んで立っているユ・スンジュンとクォン・サンウの姿が写っている。   2人は今月16日から27日まで、仏カンヌで行われる第65回カンヌ国際映画祭に参加している。17日午後、ジャッキー・チェンとともに彼の自家専用機に乗ってフランス入りし、映画祭の期間中は出演作「十二生肖/12 Chinese Zodiac Heads」の広報を行う予定だ。   同作は、ジャッキー・チェンの人気シリーズ「サンダーアーム/龍兄虎弟」「プロジェクト・イーグル」の続編にあたり、中国・台湾・欧州などで撮影されたアクション大作。   ユ・スンジュンはジャッキー・チェンの誘いを受け、2009年に映画「ラスト・ソルジャー」に出演して俳優デビュー以来、中国で人気スターになった。彼はキアヌ・リーブスが演出・出演する映画「Man of Tai Chi」(仮題)でハリウッドに進出する予定だ。   ユ・スンジュンは1999年にファーストアルバム「West Side」でデビューしたものの、2002年に軍入隊を前に韓国の国籍を放棄して米国に渡り、非難を浴びていた。兵役の義務を遂行するという大衆との約束を破った罪が加重されて入国禁止対象者となった。  

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2012年 05月 18日 18:42