[映画] ファッションショー・クラブパーティー・カウンセリング・・・映画ショーケースをみれば映画が見える

                                                                        シーン1:3日ソウル清潭エンキューブにおいてソン・ユリ、カン・ジファンなどトップ俳優たちが参加したファッションショーが開かれた。大人しいイメージのソン・ユリは挑発的な白のミニスカートを履いてランウェイでモデル顔負けのウォーキングを見せた。   カン・ジファンもやはり黒のロングジャケットを着て、ランウェイに立ちシックな魅力を見せた。この日はモデルのイ・スヒョク、キム・ヨングァン、シン・ミンチョルも参加。また、『ギャグコンサート』『ファッションNo5』のメンバーであるチャン・ドヨン、パク・ナレもステージに現れ、愉快なパフォーマンスを見せてくれた。映画『チャ刑事』のショーケース現場だ。   シーン2:先月13日、映画『ウンギョ』の出演者と制作陣は新村(シンチョン)延世大学100周年記念館でのキャンパスショーケースを開催し、主演俳優のパク・ヘイルとキム・ムヨル、キム・ゴウンは大学生と出会いの場を設けた。パク・ヘイルの「ソフィーマルソーを見てたんぱく質を吹き出した」と19禁のギャグまで飛び出し、学生たちと楽しい時間を共有した。キム・ムヨルもあるファンに「どうして成均館大(演技芸術学科出身))に行かなかったのか?」と聞かれ苦笑いを浮かべた。   シーン3:11日午後ソウル慶熙宮崇政殿の野外ステージで韓服の衣装26着を紹介する映画『後宮:帝王の妾』の大型ショーケースが行われた。チョ・ヨジョン、キム・ドンウグ、キム・ミンジュンなど主演俳優たちも映画の中の衣装をまとい、ステージに上がった。本物の宮廷でこのようなショーケースが行われたのは初めてのことと映画関係者は説明した。この日のイベントにはソ・ヨンウンも招待され、映画主題歌を熱唱した。   『映画ショーケース』という宣伝方式が出来てわずか数年だ。過去の制作発表会、試写会からショーケース、制作報告会など多様な方式に変化していった。映画制作本数と海外輸入本数が多くなり、広報の様式が重要になったためだ。 この過程で試写会の前に行われていた『制作報告会』形式の広報イベントが『ショーケース』に発展したのだ。特にショーケースは映画の特徴を見せるイベントになっており、映画の一部となっている。   『チャ刑事』は太っていて好感度ゼロの刑事チャ・チョルスがランウェイに潜入して犯人を捕まえろという任務を受け、ダイエットをしモデルに変身する姿を描いたコメディー映画だ。ランウェイが映画の舞台になるだけに、ショーケースもファッションショー形式で開かれた。特に登場人物の中で実際のモデルであるイ・スヒョク、キム・ヨングァンがショーケースに華を添えた。お笑い芸人たちの愉快なパフォーマンスもコメディー映画である『チャ刑事』をアピールするのに十分だった。   『ウンギョ』は17歳の少女に魅了される老詩人の話を描いた濃密な恋愛映画だ。老詩人イ・ジョクヨは大学の講堂で弟子のソ・ジウに出会う。映画の中のイ・ジョクヨの人生に対する熟視、若さに対する希求はアカデミックだ。ショーケースが大学キャンパスで開かれたことは公開前に映画の性格を余すことなく見せてくれた。  

©enews24 2012年 05月 16日 11:58