[芸能] ワシントンポスト紙、キム・ヒョンジュンを賞賛「韓流スターのコミュニケーションとは…」

キム・ヒョンジュンが米国の有力日刊紙ワシントンポスト電子版で「コミュニケーションを知っている韓流スター」として紹介され、関心を呼んだ。ワシントンポスト電子版は4日に行われたシンガポールでのファンミーティングを詳しく紹介した。   ワシントンポストは「韓国のエンターテナー、キム・ヒョンジュンが2012年アジアファンミーティングの最初の訪問国であるシンガポールでファン3000人とハイタッチを行った」と彼の情熱を絶賛した。「キム・ヒョンジュンは2時間を超える公演の後に3000人ものファンとハイタッチをした理由を『ファンの皆さんと心の交流をしたいから』と語り、『どんなに短い時間でも私がどれだけファンの皆さんの応援に感謝しているかを伝えたくて、こういうイベントを計画した』と話した」と伝えた。「アジアで絶大な人気を誇るキム・ヒョンジュンはこの後台湾、タイなどに続くアジアファンミーティングの場でも参加者全員とハイタッチ会をする予定だ」と付け加えた。   キム・ヒョンジュンのニュースを主要ニュースとして取り上げたのは以前とは変わったK-POPの勢いを感じさせるものだった。ネットユーザーたちは「米国の有力紙がキム・ヒョンジュンのファンミーティングに興味を持つなんて不思議だ」「もうアジアだけでなく世界に広がるキム・ヒョンジュン、誇らしい」などの反応を見せた。  

©enews24 2012年 05月 11日 19:39