[芸能] ペ・ドゥナ「ウォンビンさんに自転車の乗り方を習った」最強の人脈を自慢

俳優ペ・ドゥナ(33)が男性トップスターとの華麗な人脈を公開し、羨ましがられた。   10日放送されたtvN『現場トークショー・タクシー』に出演し、これまでに共演した男優たちとの華麗なる人脈を自慢した。   この日自転車に乗って現れた彼女は「20歳の時にウォンビンさんに自転車の乗り方を教わった」と話し、関心を集めた。1999年KBSドラマ『クァンキ』でウォンビンと息を合わせている。   彼女はウォンビンに対して『オッパはどうしてそんなにハンサムなの?」と聞いた記憶があると話しながら、「当時、彼がいたのでウォンビンさんに惚れなかったの。私の彼もすごくハンサムだったから」と笑いを誘った。   映画『グエムル -漢江の怪物- 』で仲好くなったパク・ヘイルに対しては「ソン・ガンホさんは大きいお兄ちゃん。パク・ヘイルさんは小さいお兄ちゃんって呼んでます」「パク・ヘイルの結婚式で自分でブーケを作ってあげた」と明かし、司会者たちを驚かせた。また、クッキーを焼くのが趣味だというペ・ドゥナは「俳優キム・ミンジュンさんにはお手製のクッキーをたくさんプレゼントした」と付け加えた。   美男俳優カン・ドンウォンも例外ではなかった。「カン・ドンウォンさんのデビュー作『威風堂々な彼女』で共演した。お互い作品について相談する間柄だったのに、『私たちの幸せな時間』の試写会に行けなかったら、カン・ドンウォンさんからの連絡が途絶えた」と笑いを誘った。   この日の放送でハリウッド進出エピソードを紹介し、途中、映画『コリア』で共演した新人ハン・イェリが『タクシー』に相乗りし、映画撮影の裏話を明かした。  

©enews24 2012年 05月 11日 18:41