[芸能] パク・サンミン、妻に対する常習暴行容疑で罰金刑「妻が処罰を望む」

俳優パク・サンミンが妻に対する常習暴行容疑で罰金刑を言い渡された。   8日ソウル東部地裁は去る2010年に妻であるハンさんに対する暴行容疑で起訴されたパク・サンミンに控訴審で20万ウォンの罰金刑を言い渡した。   裁判所はパク・サンミンが同容疑で罰金刑を3度も受けている点と被害者である妻が処罰を望んでいる点を考慮し、量刑を下したと述べた。   パク・サンミンは去る2010年10月27日ソウル市内の自宅で妻のハンさんを罵りながら突き飛ばし、頭に怪我をさせるなど二度にわたり暴行を加えた容疑で起訴された。無罪判決であった1審を覆した形だ。   一方、パク・サンミンは妻のハンさんとの性格不一致、レストラン経営などの問題から不仲であり、昨年2010年3月にソウル家庭裁判所へ離婚調停を申し出ていた。当時、夫妻の離婚訴訟はその後、暴行の有無に関する攻防、名誉棄損、相互控訴などに及び、双方が疲弊する結果となっていた。  

©enews24 2012年 05月 10日 18:57