[芸能] Wonder Girls、米国の次は日本へ…7月にデビュー

女性グループWonder Girls(ワンダーガールズ)が7月に日本へ進出する。10日、日本オリコンスタイルは「Wonder Girls、満を持して日本進出 K-POPガールズ“最後の大物”」という見出しで、「Wonder Girlsが代表曲Nobodyの日本語バージョンを収録したアルバム『Nobody For Everybody』(7月25日発売予定)でついに日本デビューする」と伝えた。

  またオリコンスタイルは「07年2月に韓国でデビューしたWonder Girlsは、耳に残るメロディと中毒性のある振り付けの『Tell me』を大ヒットさせ、09年のヒット曲『Nobody』で米国市場に進出し、全米チャートで韓国人歌手として史上初のランクイン(09年10月第3週付=76位)を果たした」と紹介した。

  日本市場進出が遅れた理由について、JYPエンターテイメントのパク・ジニョンは「より大きな挑戦をしたかった」と明らかにした。メンバーのソネは「より多くのファンと疎通し、よりお互いを理解するために日本語の勉強を頑張りたい」と話し、ソヒは「ワクワクしている。一日も早く日本のファンに会いたい」と期待感を表した。  

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2012年 05月 10日 12:22