[芸能] 「ロピル2」イ・ジヌク、チョン・ユミ、キム・ジウ、カン・イェスルら美女に囲まれ大満足

俳優イ・ジヌクが美女たちと仲のよい撮影現場のビハインドカットを公開した。   イ・ジヌクは来月放送予定のtvN新水木ドラマ『ロマンスが必要2012(以下ロピル2)』の予告映像を撮影した。唯一の男性としてチョン・ユミ、キム・ジウ、カン・イェスルに囲まれ大満足の笑顔を見せた。   現場関係者によるとイ・ジヌクは撮影の間美女主人公たちに囲まれ和気あいあいとした雰囲気の中で楽しそうにしていると伝え、4人の黒い衣装で身を包み醸し出すシックな魅力と洗練されたビジュアルが人目を引いた。   『ロピル2』は同級生3人の女性の仕事と恋愛、友情を描いたロマンティックコメディ-ドラマだ。すでに放送された『ロピル1』は女性であれば誰もが共感できる正直なセリフと細かな感情描写、感覚的な映像美でマニアを生み、人気を集めた。今回のシーズン2はチョン・ユミ、イ・ジヌク、キム・ジソク、キム・ジウ、カン・イェスルたちが主人公としてキャスティングされた。   今回のドラマはシーズン1よりも2,30代の女性のライフスタイルや恋愛を更に深くリアルに描くことで期待を集めている。   元彼のイ・ジヌク(ユン・ソッキョン役)と優しい男キム・ジソク(シン・ジフン役)の間で現実的でストレートな恋愛ストーリーを繰り広げるチャン・ユミ(チュ・ヨルメ役)は情熱的な作曲家兼音楽監督の役を引き受けた。美貌と実力を兼ね備えたキム・ジウ(ソン・チェギョン役)は国民的アナウンサーと結婚し完璧なカップルのふりをしながら生きるシューズデザイナーとして、カン・イェスル(ウ・ジヒ役)は平凡な結婚を夢見ていたが結局独身でいることを決意した『純粋女』として、三者三様の恋愛ストーリーを繰り広げる。 CJ  E&M 『ロピル2』の制作陣は「イ·ジヌクが現場で独特の親しみやすさととユーモアで雰囲気メーカーとなり、俳優たちがすぐに親しくなった。まるで実際の友人のようでその雰囲気がそのままドラマに現れいるようだ」と話した。 『ロピル2』はtvN水木ドラマ『仁顕王妃の男』の後続として6月20日に視聴者にお目見えする。  

©enews24 2012年 05月 08日 19:08