[芸能] 少女時代ティファニー「日本のニューシングルの振り付けが大変」

少女時代からの1号ユニット「テティソ」で活動を始めたティファニーが、「他のメンバーが私たちをうらやましがる」として満足感を表わした。   4日にKBS第2テレビ「ミュージックバンク」控室で記者と会ったティファニーは、「『トゥインクル』が本当に気持ちにぐっと入った。『トゥインクル』を聞くやいなやメンバー全員が満足だった。歌がいいので活動をするのもとても調子に乗っている」と話した。続けて、「他の少女時代メンバーの反応はどうか」と尋ねると、「メンバーが私たちのミュージックビデオを見て色合いが本当に良いとうらやましがった。会社で目立つようにテティソを推しているのではないかとも言っていた」と伝えた。   現在、ユリ、ユナなどがドラマで演技者として活躍していることに対しては、「私はまだドラマをする自身はない。もう少し練習をして磨きあげた後で始めたい。ミュージカル『フェーム』を公演しながらたくさん学んだ。ミュージカルを通じて演技の楽しさも味わった」と話した。   国内だけでなく海外活動にも相変らず忙しいティファニーは、「今年の夏に日本から出るニューシングルの振り付けが最高に大変。動作自体は過激ではないがビートがとても速く踊ったら気が抜ける」と日本での新曲についても耳打ちした。   テティソの「トゥインクル」は80年代の復古風黒人音楽に洗練された編曲が加わった。発表と同時に音源チャート1位を席巻し少女時代パワーを誇示している。  

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2012年 05月 07日 14:43