[芸能] 女優ペ・ドゥナ、撮影裏を暴露?! 「昼食はおにぎりがたったの…」

女優のペ・ドゥナが隠しきれない女優本能を見せ付けた。   ペ・ドゥナは3日午前0時から放送されたMBC(文化放送)FM4Uのラジオ番組「青い夜 ジョンヨプです」に出演し、映画「コリア」出演の裏話やハリウッド進出記など幅広いエピソードを公開してリスナーの耳を集中させた。彼女は「『コリア』の撮影中は1日に5~6時間ずつ卓球の練習をし、結局、足の爪がはがれてしまった。驚いて監督に見せたら『私は足の爪がもともとない。たいしたことはない。練習しろ』と言われ、絆創膏を張って再び練習した」と話して笑いを誘った。続いて「卓球を何時間もやった後、昼食はおにぎりがたったの2個しか出なかった。制作費がひっ迫しているのか、昼食代は3000ウォン(約213円)にしなければならないということだったが、そのときは本当に腹が立った」とし「制作会社、謝罪しろ」と冗談っぽく叫ぶ場面もあった。   ペ・ドゥナはハリウッドの進出作として関心を集めているウォシャウスキー兄弟監督の映画「クラウドアトラス」の撮影記にも少し触れた。彼女は「ドイツで撮影したときはミーティング、台本リーディング、撮影すべて一人で回った」とし「誰かがそばに居てくれたら心強かっただろうが、一人考えると怠慢になった気がする」と話し、司会を驚かせていた。  

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2012年 05月 07日 11:14