[芸能] 「9人のマネキン」AFTERSCHOOL、日本で初の単独ツアー

AFTERSCHOOL(アフタースクール)が27、28日、東京と名古屋で相次いでコンサートを開き、単独ツアーを始めた。   ツアーの開始は27日のZEPP TOKYOホールで、「PLAYGIRLZ」というタイトルで行われた。 今回の公演は日本・韓国を合わせてAFTERSCHOOLの初の単独コンサート。 昨年8月に日本デビューシングル「Bang!」を発売した後、韓日両国を行き来しながら個別活動とグループ活動を併行中のAFTERSCHOOLは、大きな期待を胸に抱いて舞台に立った。 日本初アルバムの収録曲「Gimme Love」「Broken Heart」「Rip off」などとヒット曲「Diva」「Ah」「Shampoo」など計22曲を熱唱し、観客と一つになった。   先日チームに合流した第5期新入生のガウンはファンの前に初めて姿を現した。 17歳でチーム最年少のガウンは、流暢な日本語でファンと初めてあいさつを交わし、深い印象を残した。   特に、公演前に百想芸術大賞で新人演技賞を受賞したユイは「新人賞を受けて、その後に初めての単独コンサートをすることになり、本当にうれしい。 頑張って準備をしながらずっと待ち望んできただけに、最高の舞台を見せたい」と抱負を語った。   AFTERSCHOOLの初単独ツアーは東京・名古屋公演に続き30日に大阪で行われる。 今回のツアーは公演前に全席が完売したため、6月17日に東京でアンコール公演が開催される。日本ツアーを終えた後、AFTERSCHOOLは6月末の舞台でカムバックする。  

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2012年 05月 01日 11:28