[芸能] チャン・グンソク-パク・シネ、百想芸術大賞で人気賞受賞

俳優のチャン・グンソクと女優のパク・シネが、今月26日に開かれる第48回ハイウォン百想芸術大賞授賞式」(以下、「百想芸術大賞」)でそれぞれ「映画部門男性人気賞」と「TV部門女性人気賞」の栄誉を抱く。   26日夜、ソウル蚕室(チャムシル)オリンピックホールで開催される「百想芸術大賞」で、チャン・グンソクは映画「きみはペット」で映画部門男性人気投票で49.4%の高い得票率で首位を走り、今年最もホットな俳優のシン・ハギュン、コン・ユを抑えて男性人気賞を獲得した。   パク・シネは今年MBC(文化放送)ドラマ「オレのことスキでしょ」で過半数を超える得票率50.2%の支持を受け、テレビ部門の女性人気賞を受賞する。   チャン・グンソクは2010年には映画「梨泰院殺人事件」で圧倒的な支持を受けて「映画部門男性人気賞」を、2008年には映画「楽しい人生」で「映画部門男性新人演技賞」を受賞していたが、今回「きみはペット」で受けた人気賞まで合わせると、同映画部門だけで3回目の受賞となる。   パク・シネも、昨年の授賞式で映画「c」で映画部門女性人気賞を受賞したのに続き、2年連続人気賞受賞の快挙を成し遂げた。  

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2012年 04月 26日 11:14