[芸能] 超新星「韓国ファンが日本ファンのことを気遣ってくれて感謝」(1)

2年ぶりに故郷・韓国でのカムバックを控えた超新星(グァンス、ソンモ、ソンジェ、ゴニル、ジヒョク)の表情はぱっとしなかった。日本ではノリに乗った力強いチケットパワーをアピールしている彼らだが、いざ韓国活動を控えてどこか所在なさげで元気がない。「一方の翼がないグループだからじゃないかと思う。日本での活動が多かったので、誤解を受けて実は傷つくことも多くあり、期待よりも心配が先行している」。   ミニアルバム「Stupid Love」の活動を目前にした超新星が、まず第1に挙げた目標は韓国ファンとの距離感を縮めることだ。「5年間待ってくれた韓国ファンにいつも申し訳なく思う」という超新星は、「韓国ファンが超新星のファンである事実を誇らしく感じられるように最後までチームを守る」と士気を上げている。   -- 久しぶりだ。「クリウンナレ」以後はどうしていたのか。   「『クリウンナレ』の活動では心残りが多かった。歌が少し知られるようになったが、活動期間も短かったのであいまいなまま終わった。その後、日本に活動の場を移し、メンバー別にドラマやミュージカルに出演しながら個人活動で忙しかった。『Stupid Love』が好評を得て、韓国活動の足がかりができるようにしたい」(グァンス)   -- アルバムはどれくらいの期間で準備したか。   「ユナクさんが10月に軍入隊したが、その前から曲は集めていた。余裕を持って、よい曲を待ちながらカムバックの準備を進めた。ジャンルは決めていなかったが、『クリウンナレ』よりももっと強烈な感じのダンスミュージックで行こうという目標でこの曲を受け取った。『Stupid Love』はメンバーが最も多く参加したアルバム。以前は事務所の言うとおりに歌うようにしていたが、今回は選曲から振り付け、スタイリングまですべて自分たちの手を経た。いつも以上に韓国活動に対する意欲が高い」(ゴニル)   -- 日本活動によって非難を浴びたりしたが。   「言語と文化の差でミスを犯した。勉強は続けているが、芸能番組に出演したりインタビューを受けたりして、ニュアンスの差が分からなくて答えを誤った時があった。また収録後に編集されたものを見ると、自分たちの意図とは異なって放送される時もある。そのような内容が韓国で顔が知られるようになって非難も浴びた。バラエティー番組に出るとミスするのではと心配になって、しばらくは口をかたく閉じて座っていた。最初は腹も立ったが、考えてみれば自分たちの過ちではないか。文化的な差があるので、もっと愼重に考えて行動しなければならないと思う。話す前に必ず一度考直すように努力している」(ソンジェ)  

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2012年 04月 23日 19:32