[芸能] 女優イ・スンヨン、“パスポート写真”疑惑に「実はかなり前に整形していた」

トップスターのイ・スンヨンが整形疑惑に終止符を打った。   13日、JTBCの芸能番組「芸能特ダネ-ビックインタビュー」に出演した女優のイ・スンヨンは、「最近、トークショーで公開されたパスポート写真は実は整形後の姿だ」と告白した。   彼女はこれまで自身がMCを務めていたケーブルチャンネル「StoryOn(ストーリーオン)」の「イ・スンヨンと100人の女」という番組で、10年前に撮ったパスポート写真を公開して話題を集めていた。当時、「パーマをした翌日に撮影してちょっとおかしく見えるんだと思う。整形前だから変なのだ」と説明して笑いを誘っていた。しかし実際はそれよりも前に整形していたことが明らかになった。   イ・スンヨンは「ゲストや傍聴客が写真を見て変だと話していたので、『そうよ、(他人が)整形したように見えるなら整形したのよ」とクールに認めたが、翌日それが記事になっていて驚いた。だが事実はそれ以前に手術していた」と言って笑った。   また、その後も整形施術はしていることを打ち明けた。イ・スンヨンは「最近、あまりにも画質の高いテレビで放送されるようになったうえ童顔ブームもあり、時折、整形外科に行って施術を受けている」と話し、「すべての芸能人が童顔だったらおかしくないだろうか。このようなトレンドは気に入らないが、時々施術は受けるべきだと考える。そうでなければ(視聴者に)失礼になる場合があると思う」と説明した。   一方、イ・スンヨンは今月23日に初放送されるJTBC新水木ドラマ「ハッピーエンディング」に出演し、事故で夫を亡くして女手一つで2人の娘を育てる堂々とした母親であり、レストランの女社長のホン・エラン役を演じる。中・高校時代の同級生だったチェ・ミンスの高校時代の初恋の相手として10年ぶりに同窓会で再会し、密かに愛を育んでいく役どころだ。  

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2012年 04月 13日 19:29