[芸能] SUPER JUNIOR、韓国グループ初の仏単独コンサートが大盛況

SUPER JUNIOR(スーパージュニア)が、韓国歌手としては初めてフランスで単独コンサートを開催し、成功裏に終えた。   SUPER JUNIORは今月6日午後8時(現地時間)、仏パリにあるLe Zenith de Paris(ゼニット・ドゥ・パリ)で、単独コンサート「SUPER JUNIOR WORLD TOUR SUPER SHOW 4 in PARIS」を開催した。この日の公演会場には、フランス現地のファンだけではなく、英国、ドイツ、ポーランド、ハンガリーなど欧州各地から約7000人のファンが集まり、SUPER JUNIORのグローバルな人気を証明した。   SUPER JUNIORは「SORRY, SORRY 」「美人(BONAMANA)」「Mr. Simple」などヒット曲ステージやメンバー別の個人ステージなど、多彩なパフォーマンスで観客を熱狂させた。メンバーがフランス語で話すときには、ファンはさらに熱い反応を見せた。特有の才知と話術はフランスファンにも通じた。   所属事務所SMエンターテインメントは「観客は終始立ったままで、ダンスをしたり韓国語の歌を歌ったりした。韓国語での応援方法も完ぺきに駆使し、公演を情熱いっぱいに楽しんでいた」とし「ファンは公演中、『愛してる、SUPER JUNIOR』というメッセージが書かれたカードを一斉に広げて見せるサプライズイベントでメンバーを感動させた」と、現場の熱気を伝えた。今回のコンサートの模様は、今月末にMBC(文化放送)のスペシャル番組として放送される予定だ。   一方、SUPER JUNIORは14日、中国上海でワールドツアー公演を引き続き行うほか、28日と29日の両日には、インドネシア・ジャカルタでも「SUPER SHOW 4」を開催する。  

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2012年 04月 09日 20:01