[芸能] WonderGirlsソヒ、わいせつメッセージの悪質ユーザーに強硬対応

JYPエンターテインメントが、WonderGirls(ワンダーガールズ)のソヒにわいせつメッセージを送った悪質ユーザーに法的措置も辞さない考えを示唆した。   最近あるユーザーは、ソヒのツイッターに口にするのもはばかられるようなわいせつ性の高いつぶやきをを残した。JYPは、該当のユーザーにわいせつ性のあるつぶやきを削除するよう丁重に求めたが、攻撃は続いた。これにJYP側は8日、会社の公式ホームページツイッターを通じて「あなたは当社所属のアーティスト、アン・ソヒについての虚偽事実や侮辱的コメントを、ツイッターを通じて持続的かつ悪意的に流したことで、アン・ソヒの名誉を著しく棄損している」とし「これに対して、当社は法的対応を準備し、あなたに機会を与えようと何度も関連コメントの訂正および削除要請をした。ところがあなたはこれを改めるどころか、むしろアン・ソヒに対する名誉棄損のレベルをますます高めている」と警告した。   続いて「4月9日の正午までに、アン・ソヒの関連の全てのコメントを削除しない場合、ソウル江南(カンナム)警察署捜査課のサイバー犯罪捜査チームにあなたを情報通信網利用促進及び情報保護等に関する法律違反及び侮辱罪で告訴し、民刑事上のすべての法的措置を取ることを強力に警告する」と付け加えた。   悪質ユーザーは、JYPのこのような警告にもかかわらず、全く動じることがなかった。むしろ「捕まえたいなら捕まえてみろ。私は(コメントを)消さない。お前はなぜ私に条件をつけて脅迫するのか」と無視し続けた。   JYP関係者は「会社の法務チームと協議した結果、悪質ユーザーに対して強力な対応が必要だと判断した」とし「一旦、われわれは機会は与えた。決められた時間までに相応する動きがなければ、法的な対応に入る」と、その立場を明かした。  

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2012年 04月 09日 19:59