[芸能] リュ・シウォンが離婚について公式立場を表明「家庭を守る」

 韓流スターのリュ・シウォン(40)が破局を迎えた中、公式的な立場を明らかにした。   ソウル家庭裁判所の関係者によると、リュ・シウォンの夫人チョ・スインさん(31)は先月22日、家庭裁判所に離婚調停申請書を出したという。まだ受け付けられた状態で、調停期日は決まっていない。   当日午前、リュ・シウォンの所属事務所側は公式報道資料を通して立場を伝えた。所属事務所側は「リュ・シウォンはまだ離婚について夫人と合意したことはなく、最後まで夫人と対話を通して家庭を守ろうという強い意志を持っている状況」とし「所属事務所としては、成熟した対話を通して、お互いの隔たりを狭められれば、離婚という結論には到達しないと見ている」と説明した。   続いて「普段から娘に深い愛情を見せている俳優リュ・シウォンの姿を見ると、調停手続きが進行される過程でも、家庭を守るためにできる限りの努力をすると予想される」と話した。   リュ・シウォンとチョ・スインさんは09年夏、知人の紹介で出会い、翌年10月に結婚した。結婚当時は妊娠7カ月で、昨年1月に娘を出産した。  

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2012年 04月 09日 14:18