[芸能] 韓国版「JIN-仁ー」側、ドラマ「神医」に盗作疑惑を提起

MBCドラマ「タイムスリップDr.JIN」側が、盗作疑惑が提起されているドラマ「神医」側に強硬な対応を取るとの立場を明かした。   俳優のソン・スンホンとJYJのキム・ジェジュンが出演する「タイムスリップDr.JIN」の制作会社「クロスピクチャーズ」と「イギムプロダクション」側は6日、報道資料を通じて「ことし8月にSBS(ソウル放送)で放映予定のドラマ『神医』の内容が、現代の医者が高麗時代にタイムスリップして時空を超えた医術活動をし、特定時代の歴史的人物と絡み合わせるが、そのメイン設定が日本の漫画『JIN-仁ー』(村上もとか作)と同じだ」と盗作疑惑を提起した。   続いて「正式に日本と版権契約をして制作を進めている韓国版ドラマ『タイムスリップDr.JIN』も放映を控え、韓国内はもちろん、日本でも法的、道徳的論議が大きくなりかねない」と懸念を表した。   今月2日、このような状況に深く憂慮し、顧問弁護士を通じてSBS側に内容証明を送ったものの、まだ公式回答が得られていないことが伝えられた。「タイムスリップDr.JIN」側は、必要ならば裁判所に放送停止仮処分を申請することも辞さない考えを伝えた。   一方、SBS「神医」は女優のキム・ヒソンが6年ぶりにカムバックする作品であるうえ、イ・ミンホの時代劇デビュー作ということで話題を集めている。MBC「タイムスリップDr.JIN」は、ソン・スンホンとJYJのキム・ジェジュンが出演予定のドラマだ。  

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2012年 04月 09日 10:50