[芸能] 2NE1がカンヌ広告祭でK-POP代表として演説

グループ2NE1(トゥエニィワン)が世界の広告関係者の前でK-POPの成功の秘訣をプレゼンテーションする。   2NE1は第一企画とともに6月に開かれる世界最大の広告祭のフランス・カンヌ国際広告祭に招待され、名士らとともに演説する予定だ。今回のセミナーの主題は「デジタル韓流マーケティング」で芸能事務所関係者ではなく歌手が国際規模の行事に直接出席して演説するのは極めて異例なことだ。   所属事務所のYGエンターテインメントは、「K-POPのグローバルなコンテンツマーケティングを世界の広告関係者の前で説明する機会を得ることになり光栄だ。YGエンターテインメントだけでなくK-POP全体を代表するという責任感から熱心にプレゼンテーションを準備するだろう」と伝えた。   特に2NE1のメンバーは全メンバーが英語でコミュニケーションが可能な上、メンバーのCLが幼いころにフランスで育ちフランス語も堪能で、メンバーらの外国語駆使能力も光を放つと期待される。特有の華麗な音楽だけでなくファッションなどトレンドを先導し世界的な人気を得ている2NE1は最近韓国観光公社がフランスの韓流ファン3700人余りを対象にした質問でBIGBANGとともに「最も好きなK-POPグループ」に選ばれてもいる。今回のプレゼンテーションを通じ2NE1は欧州での人気をさらに強固にするものとみられる。   2NE1とともに演説者として招かれているのは、ロンドン五輪組織委員会のセバスチャン・コー委員長、WPPのマーティン・ソレル会長、ナイキのトレバー・エドワーズ副会長、「セックス・アンド・ザ・シティ」プロデューサーのマイケル・パトリック・キングなどだ。  

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2012年 04月 05日 12:07