[芸能] 韓国有名バスケットボール選手-アナウンサー、離婚訴訟に衝撃離婚まで

不和説が広まっていた韓国のバスケットボール選手のソ・ジャンフンとオ・ジョンヨンKBS(韓国放送公社)アナウンサーが結婚離婚訴訟を進めている。   2008年1月、KBS第1「ビバ ジャンプボール」に出演して出会ったソ・ジャンフン選手とオ・ジョンヨン・アナは、同年5月から交際をスタートさせた。1年間の熱愛の末、2009年5月に結婚した2人は、2007年に結婚したサッカー選手のキム・ナミルとキム・ボミン・アナウンサー夫婦に続き、スポーツスターとアナウンサー夫婦の更なる誕生で話題を集めた。   しかし結婚後の2人は、度重なる不和説や離婚説など、さまざまなデマに苦しめられてきた。2人の不和説が頂点を極めたのは昨年の2月。当時、証券街情報誌に「2人は汝矣島(ヨイド)Lアパートに住んでいる。ソ・ジャンフンの洋服部屋は小さいが、オ・ジョンヨンはドレスルームを別に持っている」などの内容が掲載され、不和説が大きくなっていた。   当時、双方はこの内容を否定して「事実無根」としていたが、その後1年経過して離婚訴訟が進行中である事実が伝えられた。ソウル家庭裁判所の関係者は「オ・ヨンジョン・アナが今月14日、家庭裁判所に夫のソ・ジャンフンを相手に離婚訴訟を提出した。裁判の日が決まり次第、公判が行われる予定」と話している。  

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2012年 03月 29日 19:02