[芸能] チャン・グンソク主演の「ラブレイン」…「陳腐だ」酷評相次ぐ

韓流ブームを起こした「冬のソナタ」のユン・ソクホPDの新作「ラブレイン」が酷評の中で厳しい成績を出した。   KBS(韓国放送公社)第2テレビ「ラブレイン」は26日放映の第1話で全国視聴率5.8%(AGBニールセンメディアリサーチ)を記録した。放映開始から下落が続き“幽霊ドラマ”に転落した同時間帯の前作「ドリームハイ2」の最終回の視聴率6.6%にも満たない数値だ。主演のチャン・グンソクやユナなど韓流スターの名前の価値も意味のない結果だ。   放送関係者らは、「時代をさかのぼる陳腐な感性が問題」と口をそろえた。ユン・ソクホPDが「秋の童話」「冬のソナタ」などのヒット作を作った10年前の感受性を捨てられずにおり、古いイメージの作品が出てきたという話だ。ユン・ソクホPDは以前に「冬のソナタ」の神話を再現するとして「夏の香り」「春のワルツ」を出して失敗した事例もあり、「枠に閉じ込められているようだ」という分析だ。   ある放送関係者は「映画『建築学概論』も90年代と2012年の愛を同時に見せるが、現時代の観客を引き込むほどの面白さと魅力を持っている。これに対し『ラブレイン』は演出者が個人的な感性を視聴者に強要するようだ。日本に高額で販売され損害はないが、作品の質的な面の酷評は受けて当然だ」と話した。  

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2012年 03月 27日 14:31