[芸能] “せりふの天才”パク・ユチョン、NG出さずにOK

パク・ユチョンがドラマ撮影現場で「せりふの天才」と呼ばれている。   SBS(ソウル放送)ドラマ「屋根裏部屋の皇太子」に朝鮮から来た皇太子のイ・ガク役で出演しているパク・ユチョンは主演であるだけに特に多くのせりふを覚えなければならないのがNGを出すことがほとんどなく、現場では「せりふの天才」と呼ばれているという。   周辺関係者らはパク・ユチョンのせりふを覚える能力が卓越していて驚くべき状況だが、よく覚えるだけでなく早く覚えると舌を巻いた。   パク・ユチョンは、「撮影がいくら遅く終わっても寝る前に次の日に撮るシーンの台本を読む。それとともに頭の中で全体の状況についてじっくりと思い描いてみる。そして次の日のせりふを覚えるとよく覚えられる」と彼だけのせりふを覚える秘法を明らかにした。   一方、皇太子が自身とそっくりのヨン・テヨンの写真と出会い、ヨン・テヨンの祖母のヨ会長(パン・ヒョジョン)がイ・ガクと会い緊張感が高まっている「屋根裏部屋の皇太子」は28日に第3話が放映される。  

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2012年 03月 27日 11:47