[芸能] WonderGirls、米キッズアワード「アジア女優」部門にノミネート!

WonderGirls(ワンダーガールズ)が米国のキッズアワードにノミネートされた。   WonderGirlsは自らの名前を冠したテレビ映画「THE WONDER GIRLS」で、米ニコロデオン(Nickelodeon)社が主催する「キッズ・チョイス・アワード2012(Kids' Choice Awards 2012、以下、KCA)」の「Favourite Asian Act」部門の候補者に選ばれた。   彼女たちはアグネス・モニカ(インドネシア)、ユナ(マレーシア)らとともに候補者リストに載せられ、オンライン投票サイト(http://kca.nick-asia.com)で競り合いを繰り広げている。ケイティ・ペリーの公演が確定しているこのアワードでは、トム・クルーズやレディー・ガガ、ジャスティン・ビーバー、ジョニー・ディップらの世界的なスターも各部門の候補者として名を連ねている。   KCAは、世界的なキッズエンターテインメントチャンネルのニコロデオンが開催し、毎年、米国ハリウッドで行われている。子供のための子供による授賞式で、コメディアン、男性歌手、女性歌手のほか、映画やテレビ番組など多数の部門が設けられており、子供たちが自らオンラインを通じて投票して受賞者を選ぶイベントだ。このため、「子供版オスカー賞」と呼ばれている。   JYPエンターテインメント側は「ハリウッドの権威あるKCAで、WonderGirlsが処女作で候補に挙がったことは非常に意味のあること」とし、「韓国内外の多くの人の投票と応援をお願いしたい」と伝えた。   司会はウィル・スミスが務め、授賞式は3月31日午後8時(現地時間)に行われる。韓国ではNickチャンネルを通じて4月13日午後8時に放送される。  

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2012年 03月 26日 15:51