[芸能] チャン・グンソク「少女時代、ユナではなくユリが好き」

俳優チャン・グンソクが少女時代で‘ユリ’が最も好きだと語った。   22日にソウル小公洞(ソゴンドン)ロッテホテルで開かれたKBS(韓国放送公社)2新ドラマ「ラブレイン」の制作発表会は、チャン・グンソクをはじめ、少女時代のイム・ユナ、ユン・ウンソ、キム・シフらが出席した。 この日、チャン・グンソクは「少女時代のメンバーで誰が一番好きか」という質問に対し、「当然ユリ」と答えて爆笑を誘った。   チャン・グンソクは「1人で2役を演じた。 1970年代と2012年を同時に撮影しているのでいろいろと難しいことが多い」とし「1970年代は自分が生まれていない時代なのでキャラクターを把握するのに苦労した。 親の助言を求めて尋ねてみたが、それほど美しい愛ではなかった」と言って笑った。   チャン・グンソクは「1970年代の文化や雰囲気をいろいろと勉強した。 素晴らしい監督はもちろん、優秀な俳優らがたくさん出演する。良い作品なので大きな関心をお願いしたい」と作品を紹介した。   この日の制作発表会には韓流ブームの主役チャン・グンソクと少女時代のユナが登場したことで、行事場所の入り口には50人ほどの日本人ファンが集まり、「グンちゃん」を叫んだ。   チャン・グンソクは「ラブレイン」で気性が荒いフォトグラファーのソジュン役、少女時代のイム・ユナは日本留学生イ・ハナ役で出演し、美しいストーリーを描く予定だ。  

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2012年 03月 22日 18:21