[芸能] SHINeeのニューアルバム、韓日米のチャートを同時征服

SHINee(シャイニー)がカムバックと同時に全世界チャートを席巻した。   SHINeeは19日、1年6カ月ぶりに出した4作目のミニアルバムのタイトル曲「Sherlock」でオルレミュージック、メロン、Mnetなど韓国主要チャートを制覇した。先にリリースされた強敵のBIGBANGと2AMを一気に押し出した。海外での成果もめざましい。日本のiTunesアルバムチャートでトップに上がり、米国、メキシコ、デンマークのチャートでも上位に入る底力を見せた。SHINeeは2010年9月に発売したセカンドアルバム以後、海外活動に注力した。活動舞台をアジア、米国、欧州に移し、チームを知らせる広報活動に忠実だった。ニューアルバムの海外セールスはこうした努力が結実したものとみられる。   SHINeeの「Sherlock」はハイブリッドリミックス(独立した2曲を混ぜて新しい曲を作る作業)で誕生したタイトル曲だ。ひとつのミュージカルを鑑賞するような独特の魅力がある。世界的な振付け師トニー・テスタの洗練された振りつけまで加えた。SHINee特有の独特の音楽に華麗なパフォーマンスが結びつき世界の音楽ファンを魅了させるのに十分と期待を集める。SHINeeは22日にMnet「Mカウントダウン」をはじめ、KBS第2テレビ「ミュージックバンク」、MBC「ショー!音楽中心」、SBS「人気歌謡」に続けて出演する。  

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2012年 03月 19日 11:53