[芸能] 2AMジヌンが御曹司?!「高級住宅街の100坪の家に住んでいる」

2AMのジヌンが“財閥家の御曹司”説について釈明するために冷や汗をかいた。   7日に放送されたMBC(文化放送)の「黄金漁場-ラジオスター」で、ジヌンはMC陣から「清潭洞(チョンダムドン、ソウルの高級住宅地)に100坪の家があると聞いた。個人のレッスン室まであるそうだが本当か」という質問を受けた。これにジヌンは「以前はAFTERSCHOOL(アフタースクール)のカヒや歌手のソン・ダムビが使っていた会社の宿舎だ。そのため地下室に練習空間がある」と説明した。   彼は「父親が会社のCEOで母親がインテリアをしている」とし「父親がしている分野は難しくて私も良く知らない。江南(カンナム)に会社がある」と家族について紹介した。   ジヌンの言葉が終わらないうちに、メンバーのスロンによる暴露戦が続いた。スロンは「ジヌンが誕生日にパーティープランナーを呼んで誕生日パーティーを開いた。芸能人の祝賀メッセージまであった」とし「パーティープランナーが入り口で『ジヌンがろうそくを消したら愛してると言え』と、そのようにさせられた」と明かした。これにジヌンは「成人式を兼ねた誕生日パーティーだったから」と答え、困惑したように笑った。  

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2012年 03月 08日 16:28