[芸能] 歌手イ・スンギ、日本デビューシングルがオリコン1位に

歌手で俳優のイ・スンギが日本デビューシングルでオリコンチャート1位に上がった。   6日付オリコンチャートによると、イ・スンギの日本デビューシングル「恋愛時代」は発売と同時にオリコンシングルデイリーチャート1位になった。1日で1万8642枚が売れたと集計された。2位の山下智久のシングルと大差をつけた。   今回の成績はドラマ「ザ・ギング2ハーツ」の撮影のためシングル発売プロモーションを全くできない状況で得たものでより意味深い。イ・スンギは1月に東京でショーケースを兼ねた記者会見に出た以外は日本進出に関する広報をほとんどできなかった。だが、当時記者会見には200社余りの日本メディアが駆けつけ、「韓国の“国民の弟”が登場した」「韓流最後の大物がきた」としてイ・スンギに対する高い関心を示した。歌手で日本に本格進出する前にすでにドラマ「華麗なる遺産」「僕の彼女は九尾狐」などが日本で大きな人気を受け、イ・スンギが日本で広げる活躍に高い期待が集められている。   ドラマ撮影終了後の6月には東京武道館で日本で初めての単独コンサートを開催する。MBCドラマ「ザ・ギング2ハーツ」は「太陽を抱いた月」の後続で14日から放映される。  

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2012年 03月 07日 14:11