[芸能] KARAギュリ、術後の後遺症恐怖…「声出せるか心配」

ガールズグループKARA(カラ)のギュリが声帯手術の後遺症を吐露した。   ギュリは29日、ツイッターに「どうしてのどがずっと緊張しているのだろうか。このままではいざ声を出せと言われても怖くて出せないかもしれない」とし「昼から涙があふれて…」とコメントした。   ギュリは昨年11月、声帯結節とポリープという診断を受け、21日に手術を終えた。現在は活動をすべて中断し、回復中という。   ネットユーザーは「頑張ってください」「歌手にはのどが命」「元気な姿で舞台で会いましょう」などと応援のメッセージを送っている。  

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2012年 03月 01日 11:33