[芸能] ガールズグループ“S the One”、デビューと同時に世界市場へ進出

イ・ジフンがアルバムプロデュースを手がけたガールズグループのS the One(エス・ザ・ワン)が、デビューすると同時に海外活動に乗り出した。   S the Oneは来月初めに全米を対象にプロモーションを行う。音源流通は、世界的なレコード会社のEMIキャピタルが担当している。続いてS the Oneは、来月16日に日本・東京でデビューアルバム発売記念ショーケースを開くほか、4月14日にベトナムでコンサートを行う予定だ。   S the Oneが米国や日本などでリリースするデビューアルバムには、米ポップスターのビヨンセのプロデューサーとして活動しているレイ&レニー(Ray&Renny)が作詞作曲した新曲3曲を収録する予定だ。所属事務所側は「デビューアルバムに『Die For Me』『Overdose』『What the F』など3曲を収録する」とし「英語と韓国語からなる曲を全てアルバムに入れる計画だ。イ・ジフンは今回のアルバムで韓国語の曲だけをプロデューシングしている」と伝えた。  

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2012年 02月 28日 13:15