[芸能] CNBLUE、ワールドツアータイ公演を大成功に終え、「洪水被害、復興に役立ちたい」

バンドCNBLUEが、タイ•バンコクで単独コンサート「BLUE STORM」を開催、大盛況でコンサートを終えた。   CNBLUEは25日、タイ•バンコクImpact Arenaで「BLUE STORM」というテーマのアジアツアー、バンコク公演を開いた。本来は、昨年11月19日に予定されていた本コンサートは、現地の洪水のため延期され、今回新たに実現したもの。この日の公演チケットは、販売開始と同時に売り切れになり、CNBLUEの熱い人気を実感させた。   CNBLUEは、舞台でヒット曲「一人ぼっちだ」「LOVE」「直感」「Love girl」など全24曲を歌い上げ、1万のタイのファンを熱狂させた。特に日本で発売した新曲「In my head」と「Where you are」なども披露し、会場は大歓声に包まれた。   昨年CNBLUEは、タイの洪水被害のニュースを聞き、12月の一ヶ月間、自分たちが着た衣装をオークションに出品し、公演前日に開かれた記者会見でオークションの収益金全額をPrincess Pa Foundationとタイ赤十字社に渡した。   公演後、CNBLUEは、「タイの洪水については、公演が延期されたこともあり、とても心が痛む思いだった。被害を受けたタイの人々の励みになりたいと思ってもっと努力した公演だった」とし、「この寄付が洪水被害の復興に少しでも役に立てればと」と伝えた。   一方、CNBLUEは、アジアツアーの台湾公演を控えており、韓国カムバックのための新しいアルバム準備の真っ只中だ。  

©enews24 2012年 02月 27日 19:39