[芸能] チョン・イル、出演ドラマが続々大人気に!新韓流スターの予感

優チョン•イルが、日本と中国で高い人気を得て、「アジアの男」を予告させた。   チョン•イルは、昨年SBSの「49日」からtvN「イケメンラーメン屋」に続き、MBC「太陽を抱いた月」で、韓国だけでなくアジアからも熱い注目を集めている。チョン•イルの高い人気は、今月初めにドラマのプロモーションで訪れた日本で確認することができた。   チョン•イルは2月4日、ドラマ「49日」のプロモーションのため来日した。当時、日本の有力メディアは、「49日」だけでなく「イケメンラーメン屋」と「太陽を抱いた月」についても高い関心を示した。現在、「イケメンラーメン屋」は、Mnetジャパンを通じて放映されており、「太陽を抱いた月」は、先日アジア9カ国と版権契約を締結し、輸出を控えている。   また、「49日」は、死後の世界に関連する内容であるため、中国では法律上放送できない。このような状況から中国ではネットでダウンロードして視聴する人が多く、ネットユーザーの間で人気を集めている。   チョン•イルは次々と出演した作品が、海外から高い人気を集めており、今年はアジア向けのプロモーションも計画中で、まず、日本と中国のファンに会いに行く予定だ。   チョン•イルの所属事務所の関係者は先日enewsとのインタビューで「最近、日本と中国でチョン・イルに対する関心が熱いと聞いている。日本では放映もされていない「太陽を抱いた月」についても大きな関心を見せた」とし、「このような状況から、今年はアジアファンミーティングなど、具体的な計画を立てる予定だ」と説明した。   ©enews24

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2012年 02月 24日 17:41