[芸能] 女優ソン・ヘギョ、“スポンサーデマ”流布ユーザーを告訴

女優のソン・ヘギョが自身に関する悪性デマを広めさせたネットユーザー数十人を告訴した。   24日、検察と警察によると、ソン・ヘギョが法務法人ウォンを通じて、ネットユーザー41人を虚偽事実流布による名誉棄損等の疑いでソウル中央地検に告訴した。   法務法人ウォン側は告訴状で「彼らが2008年9月から昨年12月までポータル掲示板などのインターネットスペースで、ソン・ヘギョがある政治家とスポンサー関係を結び経済的な利益を得ていたという内容のコメントを広めて名誉を傷つけた」と主張している。   これに従い、検察はこの事件をソウル江南(カンナム)警察署に送った。警察は来週初めに告訴人の調査を手始めに、インターネット掲示板など関連資料を受け取り、本格的な捜査に着手する予定だ。   ソン・ヘギョは昨年10月に公開された自身の映画「今日」のメディアインタビューで「今もおかしなスポンサー関連の話が広まっていて困っている。また、スポンサーとして槍玉に上げられている人はどれほど戸惑っていることか」と明かしている。   ソン・ヘギョ側は「某政治家とのスポンサーデマは2001年から出てきたもののようだ。すでに11年になる」とし「“火のないところに煙が立つ”ような、依然として悪意のあるデマが広がることをこれ以上放置しておくことはできない」として、告訴の背景を説明した。   一方、ソン・ヘギョは来月にジョン・ウー監督の「生死恋」の撮影に合流するため、中国に出国する予定だ。  

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2012年 02月 24日 14:25