[芸能] 俳優イ・ジュンギ、復帰作はMBCのフュージョン時代劇に確定

俳優のイ・ジュンギが復帰作としてMBC(文化放送)の時代劇「アラン」(仮題)を決めた。   所属事務所の関係者によると、イ・ジュンギは7月MBCの水木ドラマとして編成された同作の出演を確定させた。2009年に出演したMBC「ヒーロー」以後、4年ぶりの復帰作。このドラマは、朝鮮時代を背景にこの世に思いを残しながら死んでいった魂とその恨(ハン)を解いてやる官僚の話を描いたフュージョン時代劇だ。「新・別巡検-ビョルスンゴム-」シリーズの脚本家のチョン・ユンジョン氏が執筆し、「私の心が聞こえる?」のキム・サンホPD(プロデューサー)が手がける。   今月16日に除隊したイ・ジュンギは、映画・ドラマの台本をめぐって悩んでいたと伝えられた。幅広い視聴者に親しみのある姿でアプローチできるブラウン管でのカムバックを心に決めた。   関係者は「除隊を前に映画やドラマのキャスティングのオファーが多かった。その中で、ドラマの演出を本人が希望した」と明かした。イ・ジュンギは2005年に映画「王の男」に出演してスターダムにのし上がった。その後SBS「一枝梅」、MBC「犬とオオカミの時間」に出演し、韓流スターに浮上した。  

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2012年 02月 24日 10:59