[芸能] ク・ハラの契約が満了?事実無根…所属事務所「KARAの契約は2014年まで」

KARA(カラ)のク・ハラが8月をもって所属事務所との専属契約が満了するという韓国内のあるメディアの報道について、DSPメディア側が否定した。   KARAの所属事務所のDSPメディアの関係者は22日、「ユニバーサルジャパン側との契約が8月31日の満了を控えており、延長契約を協議中」とし「このような事実がク・ハラだけの問題として間違って伝わったようだ」と明かした。   これに先立ち、同日午前にあるメディアは「ク・ハラをのぞく他のメンバーは今年初めに所属事務所との契約延長に合意し、ク・ハラだけが延長契約書に印鑑を押さず、8月に自由の身になる」と報じた。   一方、KARAは昨年、ク・ハラをはじめハン・スンヨン、ニコル、カン・ジヨンがDSPメディアに専属契約解除を求める内容証明を送って解散の危機に直面していたが、100日ぶりに劇的な和解を経て葛藤を解いていた。  

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2012年 02月 22日 13:55