[芸能] KARAギュリ、あす声帯結節手術…アジアツアー目前に非常事態

KARA(カラ)のリーダー、パク・ギュリが、21日に声帯結節治療のため手術を受ける。   所属事務所のDSPメディアは20日「パク・ギュリが昨年11月に発生した結節やポリープなどの声帯異常の治療のため、21日に手術を受ける」と発表した。   続けて「パク・ギュリは手術後、できるだけ早く回復するため、リハビリに力を注ぐ予定」とし「4月に日本を皮切りに始まるアジアツアーの日程が決まっており、これに合わせて回復できるように特別リハビリプログラムを準備している」とした。   所属事務所はまた「パク・ギュリは発病後に『すぐに手術しないと歌手としての活動を継続することが難しくなる』という深刻な診断を受けた。しかし、12月と1月に主演を演じていたミュージカル『美女はつらいの』の韓国公演と、KARAの単独コンサートの準備に支障ができないようにという本人の強い意志で手術を延ばし、応急処置をとって活動を継続してきた」と伝えた。  

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2012年 02月 20日 18:45