[芸能] SE7EN & パク・ジニョン、初の夢のコラボが実現

SE7ENとパク•ジニョンプロデューサーが初のコラボレーションステージを披露する。   韓国最大の芸能事務所に数えられるYGとJYPのコラボで話題を集めた二人は、2月19日SBS「人気歌謡」で、パク•ジニョンのプロデュースでSE7ENの魅力的なボーカルが引き立つ曲、「僕が歌えなくなっても」で初めて同じ舞台に立つ。   SE7ENは「僕が歌えなくなっても」で1年6ヶ月ぶりにカムバックして、各種音源チャートと音楽番組で1位に輝くなど、多くの支持を得ている。この曲は、SE7ENのボーカルと感性豊かなR&B曲が絶妙に調和していると好評だ。   このような中、SE7ENとパク•ジニョンが初めて共演を披露するとして期待が集まっている。これにより、ティーザー映像を通して公開されたパク・ジニョンのピアノ演奏と、その旋律に合わせて歌うSE7ENの感動的な共演が舞台で実現されるのである。   YGエンターテイメント側は「SE7ENとパク•ジニョンプロデューサーのコラボは、純粋に良い音楽とステージをファンにお届けしたいという二人のアーティストの想いから生まれたという点で意味がある」とし「このような試みを良いこととして思ってくれた音楽ファンの声援に応えるため、今回のコラボステージを用意した」と述べた。   ©enews24

©enews24 2012年 02月 20日 11:07