[芸能] BIGBANG、カムバックアルバムは過去例のない“全曲タイトル曲”宣言

  グループのBIGBANGが、ニューミニアルバムに収録される全曲をタイトル曲として前面に押し出した。   17日、YGエンターテインメントは、5枚目となるミニアルバムの収録曲を公開して「今回のアルバムタイトル曲は、イントロを除いたすべての収録曲6曲だ」と発表した。   当初、タイトル曲としては「BLUE」「愛のホコリ」「BAD BOY」「FANTASTIC BABY」が含まれていたが、「おもしろくない」「翼」が追加されて、結局、全曲がタイトル化されたというものだ。   YGは「アルバムの収録曲すべて、優劣を付けられないほど高い完成度を誇っている」とし「全曲タイトル曲にふさわしいプロモーションも同時準備中だ」と付け加えた。   また、BIGBANGは今月22日に、ブログを通じて、G-DRAGONと音楽プロデューサーで歌手のTEDDYが共同制作したタイトル曲「BLUE」を電撃公開し、29日に全曲を発表する予定だ。あわせて、3月2日にソウル単独コンサートを皮切りに、世界16カ国25都市でワールドツアー「BIGBANG ALIVE TOUR 2012」をスタートする。  

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2012年 02月 17日 14:27