[芸能] K-POP、日本市場での売上額が過去最高を達成

  日本内の音楽市場の売上額が5年連続で減少する中、韓国人歌手の音盤売上額が過去最高を記録した。   今月16日、日本のオリコンは日本の市場規模で拡大している韓国アーティストの音楽ソフト売上額の動向を発表した。   この報告書によると、昨年韓国芸能人の日本音楽ソフト売上額は過去最高の約244億円を記録した。   特に少女時代のアルバム「GIRLS’ GENERATION」は昨年、合計約29億円を、KARA(カラ)は「スーパーガール」で約20億円をそれぞれ売り上げたことが大きく寄与し、対前月同月比22.3%と大幅増加した。これは2008年の調査開始以来、3年連続増加ということで意味深い。   昨年、KARAや少女時代に続いて、2PMやチャン・グンソク、SHINee(シャイニー)、BEAST(ビースト)など多くの男性芸能人が続々と日本にデビューし、日本市場の年間シェアを6.0%から7.8%に大きく拡大させた。  

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2012年 02月 17日 14:17