[芸能] BIGBANGのG-DRAGONとテソン、「音楽もこれで終わりだと思った」と目を潤ませる

グループBIGBANGが出演する韓国のトーク番組、「ヒーリングキャンプ」の予告編が公開された。   2月13日に放送されたSBS「ヒーリングキャンプ、嬉しくないのか」の放送最後の予告編では、様々な事件事故に巻き込まれ、活動休止を宣言したBIGBANGのメンバー、G-DRAGONとテソンが登場して目を引いた。  テソンは昨年5月31日午前1時30分頃、自分の乗用車を運転してソウル楊花大橋付近で倒れていたバイクの運転手ヒョン氏(30)と前に止めてあった金氏(44)のタクシーを突っ込み、この事故でヒョン氏が死亡した。G-DRAGONは昨年5月、日本のクラブで大麻を吸引した疑いで摘発され、7月の毛髪検査で陽性と判定されたが、その後起訴猶予処分となった。 これと関連しテソンとG-DRAGONは「悪の軸と言われた。いけないと思いつつ悪いことを考えていた」とし「音楽ももうこれで終わりだと思った」と当時の心境を明かし、目を潤ませた。   一方BIGBANGは3月2日から4日までソウルオリンピック体操競技場で単独コンサートを開催する。    

©enews24 2012年 02月 14日 17:28