[芸能] 少女時代、韓国ガールズグループ史上最多の観客動員の快挙を成し遂げ、アジアツアーの幕を閉じる

全世界の注目を集めている少女時代が韓国女性グループの公演史上最多観客動員数を記録し、アジアツアーを成功裏に終えた。
少女時代は、昨年5月31日から大阪、埼玉、東京、広島、名古屋、福岡など日本の6都市、14回の公演を行ったアリーナツアーを含め、ソウル、台北、シンガポール、香港、バンコクなどアジア11都市で全23回に渡る「GIRLS' GENERATION TOUR」を開催し、なんと23万人の観客を動員する成果を成し遂げた。
これは韓国女性グループの公演史上最多観客動員記録であり、女性グループ単独コンサートがこのような大規模で開催されるのは異例のことで、名実共にNo1.ガールズグループ、少女時代という高い地位を確認させた。
今回のツアーのフィナーレを飾ったタイ公演は2月12日午後6時から、バンコクのインパクトアリーナで開かれた。少女時代は「Gee」、「願いを言ってみて」などのヒット曲パレードから、日韓アルバム収録曲のステージ、メンバー個人のステージ、そして、今全世界に少女時代ブームを巻き起こしている「The Boys」のステージまで、3時間にかけて総32曲を歌い上げ、1万1000人余りの観客を魅了した。
観客は公演中ピンク色のペンライトを振って少女時代と一緒に歌い、韓国語の応援を送るなど、熱狂的な反応を見せた。コンプリートステージでは「FINALLY、WE MEET」というメッセージが書かれた紙を一斉に広げ、続いて紙飛行機を飛ばすサプライズイベントで少女時代メンバーを感動させた。
  なお、今回の公演は、タイで開かれた少女時代初の単独コンサートであるだけに、空港から人だかりを成し、多くのファンの熱烈な歓迎を受けた。公演に先立って行われた記者会見にもTrue Music、TNNなど現地のメディアが大挙参加して熱い取材競争を繰り広げ、少女時代の圧倒的な人気を実感させた。
  公演後、少女時代は、所属事務所SMエンターテイメントを通して「ファンの皆さんの大きな愛を感じることができて幸せだった。本当に忘れられない大切な時間だった」とし「GIRLS' GENERATION TOURを一緒にしてくださった全ての方々に感謝し、今後さらに素敵な公演でお会いできるように、一生懸命活動する」と感想を語った。
アジアツアーを大盛況に終えた少女時代は13日午前帰国する。
 

©enews24 2012年 02月 13日 18:58