[芸能] チョ・ソンモ、ミュージカルで1年4カ月ぶりに復帰、今の悩みは?

ミュージカル「光化門恋歌」でカムバックした歌手のチョ•ソンモが、久しぶりに取材陣とファンの前で、「この作品は長い間の活動休止に終止符を打つミュージカルだ。大目に見てください」と話した。 チョ•ソンモは8日、ソウル驛三洞のLGアートセンターで行われたミュージカル「光化門恋歌」の記者会見に出席した。 チョ•ソンモはこのミュージカルを「観客の立場から見て非常に面白い作品だ。歌も名曲ばかり」と紹介し、「俳優ではないので、演技を指摘されることが多い。歌手のイメージが強くて、劇中の作曲家のハン・サンフンではなく、歌手のチョ•ソンモに見えてしまうと言われ、それが悩みだ」と話した。 チョ•ソンモは、2010年11月結婚後、所属事務所との問題などに巻き込まれ、活動を休止していた。この作品の出演を決めた後、朝の放送などに出演して復帰を発表した。 「光化門恋歌」は、故イ•ヨンフン作曲家のヒット曲、33曲で構成されたミュージカル。昨年初演されてヒットを記録し、今年2月7日から3月11日までLGアートセンターでアンコール公演を行う。主人公の作曲家、ハン・サンフン役にはチョ•ソンモの他、ユン•ドヒョンがダブルキャスティングされた。この他にソ・イングク、リサ、INFINITEのウヒョンとソンギュなどのアーティストがキャスティングされた。  

©enews24 2012年 02月 10日 11:00