[芸能] ソル・ギョング、ダニエル・へニー、ムン・ソリ…イ・ミョンセ監督の次回作は豪華キャスト

イ・ミョンセ監督の次回作「ミスターK」(仮題)で、ソル・ギョング、ムン・ソリ、ダニエル・へニー、コ・チャンソクがキャスティングされた。   イ・ミョンセ監督は、ソル・ギョングらの主要配役を確定し、来月から本格的な撮影に入ることにした。   「ミスターK」は、大韓民国最高の秘密要員(ソル・ギョング扮)が、国家の一級作戦を遂行中に、夫の本当の職業を知らない妻(ムン・ソリ)がある事件に巻き込まれて起こる出来事を扱ったコミカルスパイアクション映画。アクションブロックバスターとして、タイのロケ撮影の準備が進められている。   イ・ミョンセ監督は、説明が必要のない韓国最高の“映画”スタイリスト。「NOWHERE ノーウェアー」「デュエリスト」「M(エム)」などで新しいスタイルのアクションに挑戦し、批評家や観客から好評を獲得してきた。   これにソル・ギョングやムン・ソリが合流してさらに期待を集めている。ソル・ギョングは恐妻家のチョルスを、ムン・ソリは夫が平凡な会社員だと思っている妻のヨンヒをそれぞれ演じる。まるでハリウッドのブラックバスター「トゥルーライズ」を連想させる。ダニエル・へニーは国際テロ組織の核心人物のライアン役を、名助演のコ・チャンソクはチョルスの同僚要員チン室長をそれぞれ演じる。   「ミスターK」は、今年の下半期に公開予定。  

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2012年 02月 10日 10:08