[芸能] チョン・イル、ドラマ「49日」で韓流スターとして名をあげる

俳優チョン•イルが、韓流スターの威厳を示した。 チョン•イルは先日3日SBSドラマ「49日」のプロモーションのため来日した。チョン•イルは東京•渋谷公会堂で開催された「49日」のプロモーションに参加し、2000人余りのファンと楽しい時間を過ごした。 チョン•イルは昨年、「49日」でスケジューラーの役でその魅力を発揮した。韓国だけでなく日本でも、スケジューラーにファンの関心が集まっている。チョン•イルの人気は、この日の舞台でも確認することができた。チョン•イルが客席に登場するとファンは熱狂的な歓声と拍手で応援のメッセージを送った。 また、チョン•イルは3時間にわたって行われた今回のプロモーションで、ドラマ撮影のエピソードや作品への感想などについて語った。トークタイムとクイズなどのイベントで盛り上がり、「49日」OSTの中で自ら参加した「かかし」を熱唱した。さらに、2000人余りのファンとハイタッチをするなど、ファンに一歩近づくために努力する姿を見せた。 この日チョン•イルは、前日までドラマの撮影で数日間一睡もできなかったのにも、最後まで明るい微笑でファンを迎えた。現在、ドラマ撮影中のため、1泊2日の短い日程で日本を訪れたチョン•イルは、近い将来再び日本を訪問すると約束した。 今回のプロモーションで目を引いたのは、現在、韓国で放映中のドラマ「ヘプムダル」がすでに日本でも人気を集め始めたということだ。チョン•イルの来日にメディアとファンの熱い注目が注がれた。現在Mnet Japanで放送されている「イケメンラーメン屋」も人気を集めている。 無事プロモーションを終え、帰国したチョン•イルは「「49日」の反応が思った以上のもので驚き、幸せだった」とし、「現在ドラマ撮影中のため、たくさんのことはお見せできなかったのに、多くの方が応援してくれて感謝する気持ちでいっぱい。短い時間だったが、また会える日を楽しみにしている」と感想を述べた。  

©enews24 2012年 02月 08日 10:42